【レビュー】コードギアス亡国のアキト 第二章「引き裂かれた翼竜」&舞台挨拶

こんばんは、山キョンです。

本日二回目の投稿です。

今回は『コードギアス亡国のアキト 第二章:引き裂かれた翼竜』の鑑賞レポートと、舞台挨拶参加レポートです

 

2013y09m15d_205740862

こちらがパンフレット(豪華版)

通常版は800円ですが豪華版は2500円します、内容そんなに変わらないのに・・・(ハードカバー仕様のせいだよ!!

ネタバレ要素を含むようなので、ビニールに入ってます

 

2013y09m15d_205715825

入場特典の「生フィルムコマ付きオリジナルセット」です

 

2013y09m15d_205730430

自分のフィルムコマは序盤のシーンのレイラでした

今回のレイラは髪型ちょくちょく変わるので見どころです

やはりロボットアニメなのでナイトメアフレームのコマが良かったですね~・・・

まぁヒロインだし当たりかな?

 

2013y09m15d_205701399

舞台挨拶特典のミニクリアファイルです

このサイズのクリアファイルって、用途が分からないです^^;

 

さて内容ですが、

さすが半年公開が遅れた分

満足のいくものでした。

第1章は話のテンポが悪いように感じましたが、

今回は最初からテンポは良かったです

この作品は戦闘シーンが必見で、とても格好良いのですが、

二章では前回よりも増して戦闘に力が入っていました。

 

ナイトメアフレームも初登場のものが多くありました

特徴的だったのが、

シンが乗っていた「ウェルキンゲトリクス」がケンタウロスのような変形とゴテゴテ武器です!

こんなゴテゴテでゲテモノになったのも今回からスタッフ参加しているカトキさんが影響しているのでしょうかね?

 

ファンサービス?として『コードギアス反逆のルルーシュ』からスザクが1章から登場していますが、

他にもキャラクターが登場します!私は度肝抜かれました。

誰が出てきたかは是非劇場でチェックしてみて下さい!

 

 

そして上映後に舞台挨拶がありました

登壇者は

佐山リョウ役の日野聡

成瀬ユキヤ役の松岡禎丞

アシュレイ・アシュラ役の寺島拓篤

監督の赤根和樹

プロデューサーの河口佳高

でした。

 

声優のトークはさておき、、、、

赤根監督曰く

・破壊されたアレクサンダにはもう搭乗しないかも・・・?

・3章は延期しない

また、川口プロデューサー曰く

・1章の予告で登場したC.C.は3章で登場する

・アシュラは噛ませ犬では終わらない・・・?

だそうです。

 

全4章構成ということもあって次章からラストスパートに向かっていくと思います。

ますます見逃せないですね!

 

2013y09m15d_213510635

広告

【レビュー】『小鳥遊六花・改』~劇場版中二病でも恋がしたい!~

こんばんは、山キョンです。

とうとうモンハン4発売しましたね!狩りに出かけていたのでレビュー書くのが一日遅れてしましましたw

今日は2つレビュー書きます。

まず1つ目、『小鳥遊六花・改』~劇場版中二病でも恋がしたい!~の鑑賞レポートです。

 

 

2013y09m15d_205816269

コチラがパンフレット

 

2013y09m15d_205835547

見開きのページ

ほんと最近多いですねwこのスタイル

パンフの中身は設定や原画なども入ってます

二期のキャラもいますよ

 

 

2013y09m15d_205803822

来場特典のポストカード

 

今週のはダークフレイムマスターこと富樫勇太です

映画の内容ですが、

TV版の総集編に新作カットが少々含まれた内容です

劇場版あの花よりも新作カットは少なかったです

劇場版に含まれている新作カットは、

製作が決定している二期に繋がる内容でした

映画を観ずにTV版二期から観た人は混乱しませんかね・・・?

 

また、劇場版にあたって、声を再録してるっぽいです

演技が上手くなっている気がしました

二期のための予習として観るのもいいですね

【レビュー】キャプテンハーロック

こんばんは、山キョンです。京まふ疲れましたー

今回は9月7日公開の映画『キャプテンハーロック』の観賞レポートをしたいと思います

2013y09m09d_214643108

こちらがパンフレット

表紙があの花とは打って変わって真っ黒です

中身はキャスト・スタッフのコメント、そして設定資料も含まれています

2013y09m09d_222215462

そしてこちらは来場特典のカード

裏面にはシリアルナンバーが記載されています

 

この映画は松本零士の『宇宙海賊キャプテンハーロック』を元に作られたフルCGアニメーションです

自分は、フルCGのアニメ映画作品は『ドットハック セカイの向こうに』以来でした

今のCGアニメって凄い綺麗で、動きもリアルですよね

それを可能にしているのが「モーションキャプチャー」という技術です

モーションキャプチャーとは、

生身の役者が体中にセンサーを装着して演技をすることで、

その動きをデータ化し、CGに利用できるというものです

実際に本作では、顔の表情の複雑な表現等にも

モーションキャプチャーを利用しているそうです

 

脚本・脚色を『機動戦士ガンダムUC』,『終戦のローレライ』で有名な福井晴敏が担当しているので、ガッツリ戦艦バトルを楽しめました

さすが福井さんというべきか、しっかりSFしてましたね

三浦春馬が演じていた本作のメインキャラがガンダムUCのバナージ君みたいに自分自身と葛藤していました

広報やCMを観た感じ、メインキャストの小栗旬・三浦春馬・蒼井優を全面的にプッシュしているように思えますが、この人達目当てだけで映画館に来た人は少し退屈したのではないでしょうか

完全に”オタク向け”でした

 

この映画は特に原作漫画の続編とかではなく

原作の設定を少し踏襲した完全オリジナル作品なので

原作を知らない人でも楽しめる作品です

また現在放送中の『宇宙戦艦ヤマト2199』が好きな人、

ガンダムUCのEP7に向けて福井節を予習しておきたい人は是非御覧ください!

2013y09m09d_213859831

ハーロック「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている・・・」

P.S.

三浦春馬が演じているキャラはコチラ↓

2013y09m09d_214701721

京まふ1日目

こんばんは~!副会長のツルギです。

昨日は京都国際マンガ・アニメフェア、通称「京まふ」に一般参加してきました。
サークル員誰か行ってるやろと思ったので誰も誘わずに一人でふらっと行ったのですが

誰も来ませんでした。なんでや!

なにやらサークル員は日曜日の方で参加する模様。サークル員の傾向から見てもわかるようにやはり物販が充実しないとみんな行きたがらない感じなのですかね。でも昨年と比べると「まどマギ」「進撃の巨人」「シャフト」といった人気作品と会社が物販をしてくれているのでかなり人が増えた感じがします。シャフトにいたっては今年のコミケと同じものを持ってきていますしね。これは嬉しいです。

まぁコミケ始発組でシャフトに並んだ僕の努力は完全に無駄でしたね

ちゃんとサーチしなかった僕が悪いのですが・・・。

僕は朝9時過ぎに会場入りしました。朝から行ったのは「京都マンガ・アニメ学会」の設立宣言を聞くためです。オープンステージという誰でも入れるステージで行われたイベントでしたので報道陣に混じって聴講してきました。
この学会はアニメ・マンガに関わる企業や研究者やクリエイター、そして我々のような愛好家を広く募り、アニメ・マンガの研究、人材育成及び相互の交流を図ることを目的としているそうです。我々の一視聴者の声を制作現場に届ける場を提供してくださるということでとても魅力的に感じました。我がサークルとしては是非情報提供等の協力ができればと思っています。

サークルの関係はここまで。後は自由に遊んでいました!

午後からは『楽園追放』のトークイベントと『魔女っ子姉妹のヨヨとネネ』のトークイベントに行っていました。
楽園追放は水島精二監督とキャラデザの齋藤将嗣さんがいらっしゃっていました。トークイベントというよりはおじさん達の反省会って感じになっていましたねw
齋藤さんが制作中にしたミスを水島監督が掘り起こしてダメ出しされていたので齋藤さんがなんか可哀想に思えてきました。これを糧にして齋藤さんには今後も頑張って欲しいですね。それからまだどこにも公開されてないという仕上がったばかりの映像も見せてもらいました。ロボットの魅せ方は機動戦士ガンダム00を彷彿させるようなものでしたね。とてもよかったです。
魔女っ子姉妹のヨヨとネネはufotableの平尾監督と近藤プロデューサーがいらっしゃっていました。こちらはちゃんとしたトークイベントでしたね。ヨヨ役の14才諸星すみれが注目らしいですよ!12月28日公開ということですので皆さん是非見て下さい。

今年の京まふは去年より楽しめましたね!まだ今日もあるのですが。

それからメディ研さんが運営をされているということで挨拶もしてきました。京まふの規模も大きくなりましたし来年以降人員が必要となるという場合でしたら是非RICSにもお声かけ下さい。 

ではまた明日!!!

こみトレデブリーフィングです!

お久しぶりの更新、やまです。

 

こみトレに参加された皆さん、お疲れさまです!

先日に大阪で開かれたこみっくトレジャー22にRICSもサークル参加してきました

頒布物はコミケと同じくりっくすの本12とアニメ・ゲームレビュー本のふたつです

 

当日は雨が降っていたのでそれほど夏の暑さを感じることなくイベントは進みました

参加者もコミケより少なかったので夏コミのサウナのような環境とは全く違う快適な環境でした

 

こみトレは私たちのような関西を拠点とするサークルには参加しやすいイベントなので、知っている顔がチラホラと見られましたね

同じ関西のオタサー仲間と会えて戦利品トークで盛り上がっていました

なかには数万円使い込んだ人もいたようです

 

肝心の本の売り上げはというと・・・

IMG_2039[1]

なんと完売です!

これは快挙です

前回も前々回も製作数が多くて余ってしまいましたが今回は50部と少し量を減らしてみたので完売できました

2時あたりで完売したので部数自体は丁度良かったのではないかと私は思います

 

満足のいく結果で良かったです

次のりっくすの本も完売を目指したいですね

ではまた