【レビュー】たまこラブストーリー観賞レポート

こんにちは、山キョンです。

 

先月から劇場公開されてる『たまこラブストーリー』をついこの前観てきました~

 

そういやもち蔵映研だった

もち蔵が映画研究会に所属していたコトをすっかり忘れてましたw

今回はそれが物語の重要なファクターとなってましたね

東京の大学で映像を勉強しに行かなくても立命の映像学部に進学すればいいのに

 

意外とたまこちゃんチョロかったね

もち蔵がたまこに告白しても「私も幼なじみとして好きだよっ!」みたいな感じで天然返しされると思ってたらそんなことなかったw

すぐメスの顔になったね~

 

私のお気に入りは映研部室

ウルトラ怪獣や仮面ライダー、ガンダムのフィギュアが置かれているオタク臭のする部室、さすが映研?

部室のポスターや、もち蔵に貼られたETの写真から察するにハリウッド映画にも手を出しているようだ

特撮とVFXの両方に精通しているうさぎ山高校映画研究会、SF研の要素もあるようだ

 

みどりちゃん救われた!

今回でようやくみどりちゃんも自分の気持ちと整理できたんじゃないかな

特にもち蔵が好きと公言してないので、海外ではたまこに寄り付く害虫もち蔵を邪険にあしらう“クレイジーサイコレズ”と称されているようですw

かんなちゃんが居てくれたおかげで救いがありました

どこぞの夏で待ってる青い子みたいにはならなくて良かったね!

吉田脚本はカナシミが生まれないので好きです

 

たまこよ進路はそれでいいのか・・・?

どうやら大学へは進学せず家を手伝うつもりのたまこちゃん

みどりちゃんと一緒に大学くらいは進んでおくべきだと思うのは野暮だろうか

何となく大学行っても新しい夢とか目標が生まれるもんです

 

画力が違いますよ、余裕の作画だ

バトン部がイベントで演技を披露するシーン

ダンスのアップも引きも、安定した作画でした

劇場版なんだから当たり前?

結構、ではWUGを観ましょう(血涙)

 

純粋な恋愛は青春の専売特許だよホント

たまこラは王道のラブストーリーになってます

10代の恋愛はシンプルに「好きだから」という気持ちだけで動けるから良いですよね

 

以上、たまこラの観賞レポでした~!

 

ギャラリー

来場特典の堀口神描きおろしミニ色紙

20140511-223817.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。