スタードライバーとキャプテンアースのOPを比較してみました

こんにちは、山キョンです。

 

前回、春のオススメアニメをご紹介しましたが、ミナさん観てますかね?

中でもイチオシなのが『キャプテン・アース』(以下、キャプアス)という作品です。

キャプアスのオープニングは絵コンテ・演出を鶴巻和哉氏が担当しています。

鶴巻氏と言えばミナさんご存知、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を手がけているスタジオカラーの取締役です。

この方は『STAR DRIVER~輝きのタクト~』(以下、スタドラ)の第2オープニングも務めているのですが、
よく見てみるとこの2つのオープニングの構成がとても良く似ていたので比較してみました。

比較①(以下、左がスタドラ、右がキャプアスです)

OP比較01

冒頭部分。スタドラは夜空、キャプアスは夜明けの描写から始まります。

比較②

OP比較02

空を見上げる主人公。2人とも何か思いつめた表情をしています。

比較③

OP比較03

立ち上がり…

比較④

OP比較04

スタドラでは主人公が猛ダッシュ、キャプアスではブーメランを投げます。どちらも疾走感があります。

比較⑤

OP比較05

主人公がカメラから外れ、ここでタイトル

比較⑥

OP比較06

次にヒロインが登場

 

比較⑦

OP比較07

そして主人公の親友ポジのキャラクター

~ここまでAメロ~

 

比較⑧

OP比較08

サブキャラクター達の紹介。キャプアスは若干キャラ数多めです。

比較⑨

OP比較09

サビの直前、サブキャラ紹介の最後は少し雰囲気が変わりキーパーソン的キャラが登場します。

~ここまでBメロ~

 

比較⑩

OP比較10

サビは主人公がロボットに搭乗するカットから始まります。スタドラは一瞬で終わりますが、キャプアスは初期オープニングということで丁寧に描写されています。

比較⑪

OP比較11

敵ロボットとの対決シーン。どことなくメカデザインが似ていますね。

比較⑫

OP比較12

最後のカットは冒頭のシーンと同様にスタドラは夜空、キャプアスは夜明けが背景になっています。そして、どちらも輝いたもの(流れ星、太陽)が描かれています。

まとめ

スタドラ,キャプアスどちらとも爽快感があり、流れるような構成となっていました。

また、スタドラでは夜、キャプアスでは朝を冒頭とラストに描くことで対照的な描写となり、
変化球ロボアニメのスタドラ、王道ロボアニメのキャプアスを表現しています。

以上より、同じアニメーターが手がけたオープニングは演出や構成が大変似通ったものになるということが分かります。

しかも今回の場合は両作品とも同じスタッフが制作しているアニメなので、
それが顕著に現れました。異なるジャンルであっても、
アニメーターそれぞれのクセ、共通点は存在するのでそれを探してみるのも一興です。

特にオープニングやエンディングは1~2分の映像の中で
かつ音楽に合わせて作品を演出しないといけません。

それ故に本編と比べて似通ったものになりがちなので見つけやすいと思いますよ。

 

以上、オープニング比較でした。

 

<参考動画>

・スタドラOP2

 

・キャプアスOP

 

P.S.

スタドラのザメクとキャプアスのアースエンジンの顔めがっさ似てますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。