発表会第五弾

こんばんわに、やまです

今回の記事は発表会イベント最終回となります

最初の発表は経済学部三回生の肘さん
「麻雀漫画」の変遷〜咲厨は
帰って、どうぞ

様々な麻雀漫画の紹介を通じて麻雀漫画の変遷を発表されました。

戦後に連載された『麻雀放浪記』や、昭和中期に流行した『アカギ』といった後の麻雀漫画に影響を与えた作品を始め、麻雀漫画の常識を覆した『咲-saki-』や、ぶっ飛んだ掛けをする『ムダツモ無き改革』といった現代の麻雀漫画作品にも触れられました。

オンラインゲーム『天鳳』の10代、20代ユーザーが多いこと、昭和の作品は「麻雀を打つ」ことに注力してるのに対して、現代の作品は「演出に凝る」ことに注力していることなど、昭和と平成の麻雀に対する捉え方の違いはとても興味深いものでしたね。

続きましては、二回生のツルギ副会長
課金騎兵RICS

インターネットにおける課金についての発表です。

ソーシャルゲームの「誰でも手軽にできる」という点と「課金で強くなれる」という点がポイント。若者の世代が10万円以上課金している現状や、アイテムをゲットできる「ガシャ」システムの問題点などに触れました。

ソーシャルゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』の課金額別の廃人度ランクは面白いですね(自分はやってないから他人事のよう)

発表の最後にはディスカッションも交えて各々が課金に対する意見を挙げていました。

ということで、発表会は今回をもって無事終了となりました!

皆さんいかがでしたでしょうか?
私はそれぞれの味が出ている良い発表だと思いました。

さて、次のイベントですが
5/24に『エポック立命21』にて合宿を行います!
詳細は今後の定例会などでお伝えしますので皆さんの参加をお待ちしています。

ではまたー

20130502-200045.jpg

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。